発見!タカトシランド

信号が雪で見えない…取材班もホワイトアウトに遭遇 猛吹雪で多重事故相次ぐ 北海道

2019年2月8日17:05
 札幌では1日中、氷点下10度を下回るなど記録的な寒さとなった道内ではきょう、寒気の影響で風や雪が強まり多重事故が相次ぎました。

 私たちの取材班もホワイトアウトに遭遇しました。

 佐藤創記者:「当別町の国道ですが、もう前の20m先を走るライトバンの姿が見えなくなり、ハザードランプだけが頼りになる瞬間があります」

 「複数台の玉突き事故です」

 「車が反対向いていますね、左側通行している、完全に白い車は反対、向き合っています」

 「信号が雪でつぶれて、全く見えない、あ、反対車線また事故です」

 石狩地方ではホワイトアウトによる事故が相次ぎました。

 「(Q.どういう事故? )信号待ちしてたのにぶつかりそうになって、雪山にのった」「見たらもう車がいた」

 石狩市の国道では午前10時ごろ、乗用車が道路わきの雪山に衝突したほか、当別町対雁(ついしかり)の国道でも午前9時ごろ、バスと乗用車5台の玉突き事故が起き、少なくとも3人がけがをしました。

 一方、旭川市末広の国道12号・旭川新道で午前9時ごろ、トラック2台と回送中の観光バス、軽乗用車の4台が絡む多重事故がありました。複数人がけがをした模様です。

 道東道でも軽自動車や大型トラックなど車両6台が相次いで追突する事故があり、2人が軽傷です。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン