発見!タカトシランド

新体制で営業スタート 1月閉店した函館市の老舗百貨店"棒二森屋" 19テナント営業へ 北海道

2019年2月8日20:10
 1月末、函館の老舗百貨店"棒二森屋"が閉店しましたが、隣にある別館は3年ほど存続する予定で、8日から新テナントビルとして営業を開始しました。

 売上不振などを理由に1月に閉店した、函館の老舗百貨店「棒二森屋」。
一方、隣にある別館は、市民から存続の要望が多かったことなどから3年ほど閉店が延期され、8日から新たな運営体制のもと、「函館駅前ビル」という名称で営業がスタートしました。

客: 「良かったんじゃないですか。本館がなくなってもこっちがある程度あるし。本館がどうなるか」

 8日は書籍や音楽ショップなど、5つのテナントが営業を開始。2月20日までには、19のテナント全てで営業が始まる予定です。また、現在協議されている棒二森屋跡地の再開発案については、2018年度中に結論を出したいとしています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン