発見!タカトシランド

今季最低-31.8℃「日本一寒い町」北海道陸別町 -30℃体験目的の観光客でにぎわう 

2019年2月9日12:10
 北海道内は厳しく冷え込み、陸別町では今季全国最低の-31.8℃を観測するなど4地点で-30℃を下回る寒さとなりました。

 北海道内は上空1500メートル付近に-20℃を超える寒気が流れ込み厳しい寒さとなりました。

 陸別町で-31.8℃、弟子屈町川湯温泉で-30.9℃と、今季道内で初めて-30℃を下回り、札幌の-13.1℃を含む北海道内105地点で、今シーズン最も低い気温を観測しました。

 日本一寒い町として売り出している陸別町は、富士山頂を抜き、今シーズンも「日本一の寒さ」を記録し、寒さを目当てに来た観光客でにぎわいました。

 観光客:
 「目的は-30℃体験に、呼吸がきつい、呼吸しづらい」
 「-30℃でタオルを凍らせることををやりたくて すごいよな」
 「(ラーメン丼に)お湯入れて20分くらいで出来上がって、(北の国からの)『子どもがまだ食べてるんじゃないか』と、ゴロウさんをやりたくて」

 -28.2まで下がった北見市では、立ち上がる暖房の煙が朝日に映え、厳しい寒さを物語っていました。

住民:「手袋していても指先の感覚がなくなっていたので、いつもの気温と違うのは実感できる」

 寒さのピークは過ぎましたが、10日にかけても水道凍結、車のバッテリートラブルに引き続き注意が必要です。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン