発見!タカトシランド

厳しい冷え込み続く 圧巻「ゴールデンカムイ」の大雪像 流氷まつり賑わう 北海道・網走市

2019年2月10日18:30
 10日も、道内は厳しい冷え込みとなりました。網走市では、流氷まつりが開かれ、家族連れなどで賑わっています。

 道内は10日も、道東や内陸部を中心に、最低気温が、氷点下20℃を下回りました。

 この厳しい冷え込みの中、網走市では、恒例の流氷まつりが開かれています。

 港のそばに設けられた会場には、人気アニメ「ゴールデンカムイ」をテーマにした大雪像など、30基余りの雪像が並んでいます。

 また氷の滑り台では、子供たちが寒さを忘れ楽しんでいました。

 会場の近くからは、流氷砕氷船おーろらが、流氷の中を運航していて、流氷観光本番を迎えています。

 流氷まつりは、紋別市でも行われていて、いずれも、11日までです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン