みんテレ

「ようやく気持ちが明るく…」地震で被災 安平町の老舗和菓子店 仮店舗で再起目指す 北海道

2019年3月7日19:19
 復興に向けた新たな一歩です。胆振東部地震の被災地、安平町早来地区で店や事務所を失った町民向けの仮店舗が完成し、カギが引き渡されました。

 佐藤菓子舗 佐藤けい子さん:「ようやく気持ちが明るくなりました」

 安平町早来地区の仮店舗に入ったのは創業100年を超える老舗和菓子店、佐藤菓子舗など3つの業者です。

 佐藤菓子舗は胆振東部地震で被災。店の一部が崩れ、営業できなくなりました。

 仮店舗はプレハブの平屋で、家賃は3年間無料。店では、来月のオープンを目指しています。

 佐藤菓子舗 佐藤けい子さん:「あるものを集めてどうにかして、あまりお金をかけないで頑張ります」

 安平町 及川秀一郎町長:「3店舗ではあるが、仕事を再開できる見通しが立ったので、明るい話題の一つだ」

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン