みんテレ

【北海道の天気 3/11(月)】道東を中心に荒れた天気に 多くて40センチの降雪 暴風にも警戒

2019年3月11日12:18
 (吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 きょうの道内は、低気圧が発達しながら近づくため、夜は道東を中心に荒れた天気になる予想です。猛吹雪、暴風、大雪に注意・警戒が必要となりそうです。

◆あすにかけてのポイント
 あす朝にかけて降る雪の量は、特に、日高東部から根室地方にかけて多くなる予想で、最大30から40センチ。
 風も30メートルから35メートルの暴風が吹きます。着雪による停電、ホワイトアウトや吹き溜まりに警戒をしてください。札幌は、中心部は最大5センチの予想です。

◆浦河の様子
 現在、日高東部に暴風雪警報と波浪警報が発表されています。夕方から夜遅くにかけて警戒が必要です。

◆2時間ごとの天気
 道央と道南です。札幌は、夜6時ごろから湿った雪が降りだします。あす朝にかけては、うっすら積もる可能性があります。車の運転は慎重に行ってください。

 道北とオホーツク海側です。夜はオホーツク海側を中心に大雪や吹雪となります。停電する可能性もあるので、懐中電灯を準備したり、携帯は充電をしておくようするとよさそうです。

 太平洋側です。日高東部の暴風ピークは、夕方から夜のはじめにかけてとなりそうです。また根室地方は、夜遅くからあすの未明です。今夜は、早めに家に帰り外出は控えるようにしましょう。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。オホーツク海側や道北は、明日の午前中にかけて湿った雪が続きます。今週は、季節は足踏みで、週末にかけて湿った雪の降りやすい天気が多くなります。

 太平洋側です。周期的に天気は変わります。木曜日と金曜日は、日差しの届く時間もありそうです。土曜日は低気圧が近づき、荒れた天気になる可能性があります。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン