北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

札幌に初夏 平安装束でみこし渡御 祭り気分味わう 北海道札幌市

2019年6月16日12:50
 北海道神宮例祭が16日、最終日を迎え、祭の最後を飾るみこし渡御が札幌市内を練り歩いています。

 北海道神宮例祭、通称札幌まつりは初夏の訪れを告げる札幌の風物詩として市民に親しまれている伝統的なお祭りです。

 最終日の16日は、およそ1200人の市民がきらびやかな平安装束を身にまとい、神輿渡御が行われ、北海道神宮の神様を乗せた4基の御輿と9基の山車とともに札幌の中心部を練り歩き、祭りの最後を飾ります。

 16日の札幌市内はあいにくの雨の天気となっていますが、大勢の家族連れなどが訪れ、お祭り気分を楽しんでいました。

直近のニュース