みんテレ

【北海道の天気 3/12(火)】雪の範囲は次第に狭く 大雪降った地域は落雪に注意を

2019年3月12日12:10
 (吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 こちらは、けさの根室市の様子です。けさはふぶいて、見通しの悪くなる時間もありました。根室市では、昨日から16センチの雪が降りました。

 道内24時間で降った雪の量は、中標津空港で35センチ、えりも町目黒で32センチと、これらの地点では今年一番の大雪となりました。

 けさは、雪かきが大変だったという方も多かったのではないでしょうか。

 現在も、東部の一部で雪雲がかかっています。この後の予想を見ると、知床方面で雪雲が残りますが、雪の範囲は次第に狭くなりそうです。

◆紋別の様子
 一晩で再び雪景色に変わりました。きのうから17センチの雪が降っています。

◆12日午後の天気と予想気温
 オホーツク海側や根室は夕方にかけて雪の降る時間があります。あす朝までに降る雪の量は、オホーツク海側で多くて5~10センチの見込みです。

 予想最高気温です。帯広や函館は8℃。札幌も5℃と、多くの地点でプラスの気温となります。大雪となった地域では、落雪や路面状況の変化に注意をしてください。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あす、あさってと、大雪にはなりませんが、湿った雪や雨が降る時間がありそうです。金曜日は日差しの届く時間もあるでしょう。

 太平洋側です。こちらもあすは、一時的に雨や雪の降る時間がありそうです。そして、週末土曜日は、再び発達した低気圧が近づき、荒れた天気になる可能性があります。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン