みんテレ

いざ"決戦の地"サハリンへ! クレインズ出発 アジアリーグ逆転V目指す「最後は全力で」 北海道

2019年3月13日17:10
 廃部が決まっている釧路のアイスホッケーチーム、日本製紙クレインズ。アジアリーグ優勝を目指し13日、サハリンへ出発しました。

 最後のシーズン、プレーオフ決勝で3勝して優勝で締めくくりたいクレインズ。

 釧路での初戦・2戦と相手のサハリンに連敗し、後がなくなりました。

 次の試合はサハリンで14日行われ、クレインズを応援しようときのうファンがパブリックビューイング会場を作りました。

 クレインズ存続を願う会 寺山博道さん:「一つでも多く勝ってもらって、それが(チームの)存続につながる。後がなくなった」

 13日朝、決戦の地サハリンに向かう選手にエールを送るため30人以上のファンが詰めかけました。

 梁取慎也選手:「すごく不安も感じるがまずは目の前の1試合に全力を注いで集中したい」

 上野拓紀主将:「今までお世話になった69年間、釧路でアイスホッケーをやらせてもらった恩返しができるように最後は全力で戦いたい」

 逆転優勝目指し、クレインズは14日、第3戦のリンクに立ちます。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン