みんテレ

【北海道の天気 3/14(木)】あすは"あいの風"が吹いて気温やや上昇 帯広は4月上旬並みの暖かさに

2019年3月14日18:55
(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時45分現在

◆予想降雪量(~あす朝)
 けさは道南でも積雪状態となった。
 今夜からあす朝にかけて、石狩・後志と知床周辺では多いところで5センチの雪予想。
 札幌は南区で最大3センチの見込み。

◆あすは春をよぶ風が吹く?
 地域によって海風に名前が付いている。江差付近で吹く冷たい風は『たば風』、
 石狩周辺で吹く春先の風は、海を藍色に染める風という意味で『あいの風』と呼ばれている。
 あすは高気圧を回って西風となり、石狩ではあいの風が吹きそう。
 気温はそれほど下がらず、帯広は8℃と4月上旬並みの暖かさとなる見込み。

◆札幌 区ごとの予報
 日中は雲が多いながらも日差しあり、最高気温はきょうよりも2,3℃高くなりそう。
 夕方以降は湿った雪が降るので傘があると安心。

◆あすの予報
 道南は夕方から下り坂で雨が降る見込み。
 気温はきょうよりやや高く、十勝地方はフェーン現象も加わって暖かくなりそう。

◆週間予報
 週末にかけてなごり雪が降りそう。
 土曜日は低気圧の影響で積もるところも、路面状況には注意が必要。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン