北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

初水揚げも量少なく…今年も不漁? サケ・マス流し網漁 「5月入ってどうだかな」 北海道

2019年4月15日12:22
 4月10日に解禁されたサケマス流し網漁の漁船が14日夜根室の歯舞漁港に帰港し、初水揚げをしました。

 長い網で魚を絡めとるサケマス流し網漁は、今月10日から日本の200カイリ内で始まり、14日夜、初水揚げされました。

 漁獲量の上限は2018年と同じ2050トンと決まっていますが、2018年は半分にも届きませんでした。

 初回の水揚げ量も少なく、漁師は不安を募らせています。

 漁師:「魚いねえ。5月入ってからどうだかな。いまやっぱり水温低いから」

 水揚げされたトキシラズやカラフトマスはさっそく、根室市内の市場で販売されています。サケマス流し網漁は7月7日まで行われます。

直近のニュース