北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

これで5件目 苫小牧市のアパート 連続不審火 警察が警戒中 新聞紙"また"燃える 北海道

2019年4月15日19:10
 警察が警戒を強める中、また同じアパートで不審火です。14日夜、北海道苫小牧市のアパートの敷地内で、新聞紙が燃える火事がありました。

 このアパートでは3月から不審火が4件相次いでいて、警察は連続放火の可能性が高いとみて、捜査しています。

 火事があったのは、苫小牧市日吉町4丁目のアパートの敷地内です。

 14日午後7時ごろ、新聞紙数枚が燃えているのを付近で警戒中の警察官が発見し、すぐに消し止めました。ケガをした人はいませんでした。

 このアパートでは、3月から不審火が相次いでいます。

(撮影:視聴者)「えー熱っ、やばいやばい」

 3月30日朝に物置2棟が全焼。この火事は、3月11日に階段下の古新聞が燃えたのに次ぐ、2件目でした。

 さらに今月5日朝には木造のごみ置き場が燃え…。同じ日の夜には、駐車場にあった車が丸焦げに。一時は炎が大きくあがりました。

 そして警察が警戒を強める中14日夜、同じ敷地内で再び火の手があがりました。

 1か月あまりで5件。警察をまるであざ笑うかのような連続不審火が発生…。

 警察は4件の不審火との関連を調べるとともに、連続放火の可能性が高いとみて捜査しています。

 犯罪心理学に詳しい札幌国際大学の品田一郎前教授は犯人像について、1人暮らし、徒歩圏内で生活している、また、いやがらせ目的の可能性が高いのではないかと話しています。

直近のニュース