北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

クールビズ始まる 記録的猛暑 衣類選びで快適に過ごそう! "涼しい"新素材ウェアも 札幌市

2019年5月27日19:30
 記録的な暑さが続いている中、道庁などでは27日からクールビズが始まりました。

 田中うた乃記者:「きょう道庁をはじめ道内およそ3700の企業などでクールビズが始まりました。札幌はきょうで3日連続で30度を超える真夏日に。いいタイミングでのスタートになりました」

 北海道職員:「ネクタイがないのは楽でいいです」

 ただ、道庁で冷房をつけるのは7月から8月までと決まっているため、うちわであおぐなどして暑さをしのぐ職員の姿も見られました。

 一方、仕事柄ジャケットが必要という会社員も。

 そうした人たちからいま注目されているのが、和紙を織り込んだ上着です。

 札幌三越 紳士服担当 伊藤正子さん:「こちらのジャケットは和紙と綿とポリエステルを編み上げております。さらさらとした肌触りが特徴となっております」

 「とっても軽いですね。涼しくて動きやすいです」

 和紙を使うことで通気性がよく、軽くて涼しいといいます。

 こちらのデパートでは、ほかにも女性用カーディガンやバッグなども販売していて見た目からも涼やか。この2~3年で人気が高まっているということです。

直近のニュース