北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

白昼の帯広中心部が一時騒然 市役所地下に煙充満 市民・職員避難 けがなし 北海道

2019年5月27日19:37
 27日午後、北海道・帯広市役所の地下で煙が充満していると消防に通報がありました。市民や職員らが避難するなど現場は一時騒然となりました。

 小出昌範ディレクター:「来客や職員が避難してきています」

 27日午後2時30分ごろ、帯広市役所の職員から「印刷室付近から煙が出ていて、火災報知器が鳴っている」と、消防に通報がありました。

 消防車など11台が出動し調査に当たりましたが、火災現象は確認できませんでした。

 帯広市によりますと、現場は地下1階にある印刷室近くの配管スペースで廊下などにまで煙が流れ出て充満していたことから来庁者と職員を全員避難させたということです。けが人はいませんでした。

 消防などが、煙が出た詳しい原因を調べています。

直近のニュース