北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

鈴木直道知事 被災3町初めて視察し意見交換 副知事3人は一斉交代へ 北海道

2019年5月8日16:28
 鈴木直道知事は5月8日、就任後初めて胆振東部地震で被災した3つの町を視察しました。

 鈴木直道知事は8日午後厚真町を訪れました。宮坂尚市朗町長は、土砂崩れがあった森林について、「このまま放置すれば、二次被害が懸念される」として、道も森林の再生に協力してほしいと求めました。

 その後、鈴木知事は仮設住宅を訪れ、被災者と意見を交わしました。

 被災者:「80すぎた人が半分ぐらいいる」「屋根が鉄板で低い」「暑くてひどい、解決する方法を考えて」

 鈴木直道知事:「脱水症状になりやすいですからね、高齢の方は」

 このほか、むかわ町では仮設商店街で営業を再開したたい焼き店などを訪問しました。

 竹中喜之町長は住民に先の見えない不安感があるとして、復興に向けた道の助言や財政支援を求めました。

 一方、鈴木知事は、副知事3人について全員交代させる方針を固めました。

 副知事3人が一斉に交代することになれば、初めてのことです。

 後任には、道の幹部や中央省庁の官僚の出向を検討するとみられています。

直近のニュース