北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

復興へまた一歩…本格始動のむかわ町仮設店舗に賑わい戻る&厚真町で田植え始まる 北海道

2019年5月10日20:20
 胆振東部地震から復興への新たな一歩です。
 むかわ町では、仮設店舗がグランドオープンを迎え、厚真町では今年初めての田植えが行われました。

 胆振のむかわ町では被災した電気店、家具店、たいやき店など3つの事業者が入った仮設店舗がグランドオープンを迎え、オープニングセレモニーとともに、町民に花の苗などがプレゼントされました。

 この仮設店舗からマチの再建復興へのメッセージを発信していきます。

竹中喜之 むかわ町長:「3つの店と既設の店舗が連携しながら復興創生の原動力になることを強く期待しています」

 一方、厚真町では、きょうから地震後初めてとなる、米の田植え作業が始まりました。

 厚真町では去年の地震で、ダムから水を送る導水管が壊れる被害がありましたが、仮の用水路を設置するなどして川の水を水田に引き、なんとか今年の田植えに間に合いました。 

農家は:「ポンプも直してもらったから、皆さんのおかげで植えられた」

 JAとまこまい広域によりますと今年は去年より20戸少ない173戸の農家が作付けを予定していて、今月、田植え作業のピークを迎えます。

直近のニュース