北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 5/13(月)】日差したっぷり 紫外線対策を あす以降は"夏日"も

2019年5月13日12:10
 (佐藤俊和気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 おととい、私は京極町へ行ってきました。標高が200m以上ある京極町ではこちらの一本桜は満開の少し手前、そして、ふきだし公園ではちょうど見ごろを迎えていました。標高の高いところでは、これからが満開の季節なんですね。

 きょうは開花をどんどんと促すようなぽかぽか陽気となりそうです。

◆13日午後の天気と予想気温
 各地とも晴れマーク1つだけ、午後も快晴でしょう。日差したっぷりとなりますので、お出かけの際は紫外線対策をした方がよさそうです。

 気温です。きのうより高いところがほとんどです。旭川など内陸では20℃を超える見込みです。一方、海沿いは気温の上がり方が鈍く、網走は10℃の予想です。

◆今週は気温高くなりそう
 さて、きょうの晴れをもたらしている、この高気圧が今週の天気のポイントとなります。この高気圧は動きが遅くて、あすになってもほとんど場所が変わらないんですね。南風が入り続けるので、今週は気温の高くなりそうです。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。今週は初夏の陽気が続きそうです。あす以降はさらに気温が上がって、水曜日の旭川は夏日となる見込みです。札幌も20℃以上の日が続くでしょう。ただ、あす朝は霜の降りるおそれがありますので、農作物の管理にご注意ください。

 太平洋側です。こちらも暖かい日差しが期待できそうです。カラッとした空気で過ごしやすい陽気でしょう。週の前半は五月晴れ、後半はやや雲が増えますが気温は平年並みか高めで推移する見込みです。

直近のニュース