北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

路肩崩れガードケーブル落下…国道228号通行止め続く 復旧工事開始 北海道北斗市

2019年5月15日12:00
 14日、北海道北斗市の国道で路肩が崩落しているのが見つかり、周辺は今も全面通行止めとなっています。現場では15日朝から復旧工事が始まっています。

 「何これ、ガードレール落ちてるよめっちゃ」

 14日に現場を通った車のドライブレコーダーの映像です。

 路肩のガードケーブルが広い範囲でなくなり、道路端には、アスファルトが崩れ落ちた跡も…。

 北斗市の国道228号線では路肩が175メートルに渡り海に崩れ落ち、周辺1.5キロでは14日から全面通行止めとなっています。

 15日9時前から始まった復旧工事では、宙づりになっている重さ約20トンのガードケーブルの基礎部分の撤去が進められています。

 開発局は工事が終わり安全が確認され次第、片側交互通行で再開するとしています。

直近のニュース