北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

不在通知 ウイルス駆除…巧妙化するネット詐欺犯罪 対策は? 道警が注意呼びかけ 北海道

2019年5月15日19:30
 最新の犯罪の手口が明らかになりました。
 荷物の不在通知やパソコンのウイルス駆除などをきっかけにした詐欺被害が北海道でも後を絶ちません。道警が注意を呼び掛けています。

 これは、道警が公開した日本郵便を語る偽の不在通知のショートメッセージサービスが届いた時の状況です。

 画面に表示されているURLに接続すると、スマートフォンの画面に日本郵便の偽のホームページが表示されますが、本物と比べてもほとんど見分けがつきません。

 ここから荷物の追跡サービスを選択すると、フィッシングサイトに誘導されるなどし、IDとパスワードを盗まれるということです。

 何者かに勝手に買い物されるなどの被害にあう可能性があります。

 また、こちらはコンピューターウイルス感染を装う偽の警告画面。表示された電話番号に連絡すると…。

 女性オペレーター:「はい、もしもし お電話ありがとうございます。お客様、検索サイトにウイルスがついてきた」

 外国人とみられる女性オペレーターからウィルスに感染したことを伝えられ、駆除するための有料のサポート契約を進められる手口が横行しているということです。

 道警サイバーセキュリティ対策本部 石川学指導官:「現実空間とネット空間は一体化して日常生活に入り込んでいる。だからネット空間の危険は、まさに隣り合わせにあるということが言える」

直近のニュース