北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

撮影するなら前半がおススメ 香り楽しむなら後半に 今年のライラックまつり

2019年5月16日20:00
 きのう(15日)から札幌に初夏の訪れを告げるライラックまつりが始まりました。大通会場では、26日(日)までですが、白石区の川下会場では6月1日(土)と2(日)に行われます。

 今年は、札幌のライラックは早く咲き出し、気象台の観測では、平年より12日も早い5月5日に開花しています。大通公園でもすでに、見ごろを迎えています。

 ライラックの香りは、晴れると上昇気流で空へ向かいますが、曇りの日は雲が布団の代わりとなって、香りは周囲に広がります。そのため、曇りの日のほうが香りはより強くなります。

 きょう(16日)の札幌はたっぷりの日差しのもと、気温は24.8℃まで上がり7月中旬並みとなりました。

 10日日予報では来週月曜日にかけて、晴れて花日和。日曜日と月曜日は26℃の予想で、夏日になりそうです。ただ、火曜日と水曜日は前線が通過するため、広い範囲で雨や曇りとなりそうです。

 今年は、ライラックの撮影を楽しむなら祭りの前半、香りを楽しむなら後半がおすすめです。

 (気象予報士 吉井庸二)

直近のニュース