北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

札幌市民の憩いの場にクマ 散歩中の男性 北海道神宮付近で目撃 山の方向へ立ち去る

2019年5月16日18:47
 16日午後、札幌市中央区の北海道神宮付近でクマが目撃されました。現場から田中うた乃記者がお伝えします。

 クマが目撃されたのはちょうどあの辺りの森の中です。クマは草の中に寝転がっていたということですが、そのまま山の方向に立ち去ったということです。

 こちらは北海道神宮のすぐそばで、川沿いに木製の遊歩道があり、先ほども5人ほどのランナーが走る姿が見られるなど札幌市民の身近な憩いの場に現れました

 市の職員がこの後、「クマ出没注意」の看板を掲示するということです。

 16日午後2時ごろ、円山公園の中にある円山川沿いの遊歩道を散歩していた78歳の男性が体長1.5メートルほどのクマ1頭を目撃しました。

 警察によりますと、クマは男性の4~50メートル先にいて、男性が見つめているとムクっと立ち上がり、山の中に消えたということです。

 現場は北海道神宮や円山動物園などに囲まれた森で、近くには地下鉄の駅や小学校もあります。

 周辺では8年前にもクマが出没していて、警察などが警戒していますが、今のところ、足跡やフンなどの痕跡は見つかっていません。

直近のニュース