北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

14人重軽傷 砂嵐が原因? 道東道 バス・トラックなど絡む多重事故続発 北海道浦幌町

2019年5月20日19:10
 砂嵐による視界不良が事故原因とみられています。20日午後、北海道浦幌町の道東自動車道で、バスやトラックなどが絡む多重事故が相次ぎ、計14人が重軽傷を負いました。

 大室成之カメラマン:「バスの乗客が搬送されています」

 事故があったのは、浦幌町の道東道本別ICと、浦幌ICの間の上り車線です。

 20日午後1時ごろ、バスとトラック、それにタンクローリーや乗用車など、計6台が絡む玉突き事故がありました。

 またこの事故の前には、近くの上り車線でも、乗用車やトラックなど4台が絡む玉突き事故がありました。

 さらに下り車線でも、トラックに乗用車が追突する事故がありました。

 警察によりますと、これらの事故でバスの40代の男性運転手と50代の乗客の男性、乗用車を運転していたとみられる30代の女性の計3人が重傷、11人が軽傷だということです。

 事故当時、現場付近では強風による砂嵐が起きていて視界は50メートル以下だったとみられ、警察が事故原因を調べています。

 この事故の影響で道東道は午後6時15分現在も、本別~浦幌間の上下線が通行止めとなってといます。

 北海道ではこのほか斜里町でも、砂嵐で数メートル先が見えない状態になりました。

 北海道は、網走地方を中心に瞬間的に25メートルを超える暴風を観測するなど全道的に風が強く、相次いで乾燥した砂が吹き上げられました。

 風のピークは過ぎていて、砂嵐による視界の悪化は収まりつつありますが、21日は一転、大雨となる予想で注意が必要です。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン