北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

”砂埃”で空が茶色に…帯広 強風を観測 道東道一部通行止め続く 北海道

2019年5月21日11:06
 強風による砂埃の影響で事故が相次いだ北海道の十勝地方では21日も、風が強い状態が続き、道東自動車道の一部区間で通行止めが続いています。

 風速15メートル近い強風を観測した帯広市内では、上空が茶色に染まるほど、砂埃が巻き上げられていて、車の運転に注意が必要です。

 20日、砂埃で視界が悪化した影響で合わせて12台が衝突し、9人が重軽傷を負う事故があった道東自動車道の本別IC-浦幌IC間では依然、通行止めが続いています。

 北海道は低気圧の影響で、依然、風が強い状態が続いています。

 午後からは十勝地方でも雨が降り、砂埃は改善するとみられていますが、注意が必要です。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン