北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 5/21(火)】広範囲で雨風強まる 今年一番の大雨に注意を 気温は大幅ダウン

2019年5月21日12:12
 (吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 きょうは低気圧からのびる寒冷前線が通過しているため、広範囲で雨風が強まっています。太平洋側は今年一番の大雨となる予想です。

◆雨と風の予想
 きょう正午から動かします。特に、日高山脈で雨雲が発達し、夕方にかけて雨の強い状態が続きます。夕方以降は、釧路・根室地方で雨・風が強まり、日付が変わるころまでは注意をしてください。あす昼までに最大100ミリの大雨となります。土砂災害や河川の増水に注意をしてください。

◆帯広の様子
 きょうも砂ぼこりが吹き上げられて、見通しの悪くなっているところがあります。車の運転はご注意ください。

◆21日午後の天気と予想気温
 道東は今夜いっぱい雨・風の強い状態が続きます。傘が役に立たない横殴りの雨となる所もありそうです。一方、札幌など西の地域は雨風は収まりそうです。

 予想最高気温です。きのうより大幅に気温が下がります。旭川は昨日より8℃低い18℃。札幌は17℃の予想です。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あす以降、再び晴れて気温が上昇します。特に日曜日から火曜日は、内陸部で30℃以上と真夏並みの暑さとなります。熱中症に十分注意が必要です。

 太平洋側です。あすから来週前半にかけて晴れる日が続きます。帯広は月曜日は34℃と猛暑日一歩手前の暑さになります。運動会の練習なども行われていますが、無理をさせないようにしてください。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン