北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

交通量多い道路の対策は? 保育園の散歩コース 警察と合同パトロール 札幌市白石区

2019年6月4日12:02
 滋賀県大津市で散歩中の保育園児が死傷した事故を受け、札幌市白石区の保育園で4日、警察官が園児や先生たちと一緒に散歩コースを歩いて安全確認をしました。

 本田祐里佳記者:「こちらの環状線は午前10時、平均1200台が通る大きな道路なんですが、先生方が車道側を歩き、また、電柱などを活用しながら安全を確保しているということです」

 このパトロールは、札幌白石署と菊水元町保育園が合同で行ったもので、園児ら約20人と共に普段の散歩コース約700メートルを実際に歩いて危険が潜んでいないかどうか確認して回りました。

 保育士:「横道の狭いところは行かないようにしているが、どうしても通らないといけないところは(教員が)囲みながら」

 警察は、今後も園児の安全のため保育園の散歩ルートの点検や、パトロールの強化を行っていくということです。

直近のニュース