北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

園児たちを守れ! 札幌の保育園に新たな動き 園と保護者が安全マップ作成 「皆で共有したい」

2019年6月4日16:30
 5月、滋賀県大津市で散歩中の保育園児が死傷した事故を受け、札幌市の保育園では4日、警察官が園児や先生たちと散歩コースを歩き安全確認をしました。

 このパトロールは札幌・白石警察署と菊水元町保育園が合同で行ったもので園児約20人とともに普段の散歩コース約700メートルを実際に歩いて、危険が潜んでいないか確認して回りました。

 保育士:「横道の狭いところは行かないようにしているが、どうしても通らないといけないところは(大人が)囲みながら」

 4日の点検では交通量の多い道路では車道から離れ、信号待ちをする際には電柱など障害物の後ろで待つことなどを改めて確認しました。

 さらにこの保育園では、子どもたちを守る新たな動きが。

 子どもたちが日々散歩している公園が載っている地図。

 この地図に保育園や保護者が危険と感じた場所の写真を貼り付け注意点を書き込む独自の安全マップの作成が進んでいます。

 保育士:「大津市の事故を受けてこの保育園でもありえないことではないので、写真を撮ってみんなで共有できるといいなと思い」

 今後警察や保育園などではパトロールの強化など子どもたちを守る動きをさらに進めていく方針です。

直近のニュース