北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

「去年よりいいみたい」不漁予測の中操業が本格化 中型イカ釣り漁船安全祈願祭 北海道函館市

2019年6月5日12:03
 6月、小型イカ釣り漁船の漁が解禁した北海道函館市。5日、石川県沖の大和堆などで操業する中型イカ釣り漁船の安全祈願祭が行われました。

 函館市の中型イカ釣り漁船は5月中旬から石川県沖に徐々に出漁し始めていて、5日は函館港を出る3隻の中型イカ釣り漁船の豊漁と航海の安全を祈願する神事が開かれました。

 中型イカ釣り漁船 幸雄丸 島森憲一船長:「北朝鮮の船はそうでもない。去年から見たらだいぶ少ない。今年も少ないと思う。(Q.ズバリイカは?)行ってみないとわからない。今は去年よりいいみたい」

 この3隻は月に1回ほど函館に戻り、冷凍したイカを出荷します。漁は2020年1月まで続けられるということです。

直近のニュース