北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

農家支援で格納庫を建設 地震から9か月 復興の歩み着々と 北海道厚真町

2019年6月6日12:16
 去年の胆振東部地震から6日で9か月です。

 厚真町では全国から寄せられた義援金を活用し、農業機械を格納する倉庫の建設が決まるなど、復興が本格化しています。

 佐藤創記者:「田植えがひと段落した厚真町ですが、多くの農家が地震で納屋が壊れるなど、農業機械の保管場所が課題でした」

 厚真町では6月下旬から、被災した農家を支援するため、農業用機械などを保管する大型の格納庫が建設されることになりました。

 胆振東部地震による大規模な土砂災害では、多くの農家で納屋などが流されました。

 JAとまこまい広域によりますと、格納庫は町内5地区にあわせて9棟建設される予定です。

 約3000万円の建設費は、全国からの義援金などを活用するということです。

直近のニュース