北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

警察と面会後"2週間"以内に暴行? 札幌2歳女児衰弱死 広い範囲にあざ

2019年6月7日12:04
 事件の前、警察が5月、池田詩梨ちゃんの体を確認した際にはあざは小さく数か所でしたが、遺体には広い範囲にあざがありました。

 警察はこの面会後の2週間で暴行を繰り返していた疑いがあるとみて調べています。

 5月12日夜「子どもの泣き声がする」と、警察に通報があり、警察は3日後に池田莉菜容疑者(21)と面会しました。

 詩梨ちゃんの体の数か所にあざを見つけましたが、「緊急に保護するようなものではない」と判断しました。

 一方、遺体には程度の重いあざが広い範囲にあったことから、池田容疑者と藤原容疑者がこの面会後の2週間で強い力で暴行を繰り返したとみられます。

 札幌市児童相談所には2018年から、虐待について通告がありましたが、警察からの報告を受け、調査を終えていました。

直近のニュース