北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

5人ほどにわいせつ? 60歳歯科医師の男送検 "治療"と偽りいかがわしい行為 北海道

2019年6月7日20:03
 治療と偽って女性患者にいかがわしい行為をしたとして送検された長万部町の60歳の歯科医師の男は、他にも5人ほどにわいせつ行為をしていた可能性があることが新たにわかりました。

 鎌田祐輔記者:近藤容疑者が署から出てきました自分の行為を恥じているのかフードで顔を完全に隠し、警察車両に乗り込みます」

 準強制性交等の疑いで送検されたのは長万部町の歯科医師・近藤弘之容疑者(60)です。

 近藤容疑者は2018年2月、当時勤めていた石狩市内の歯科医院で、顎関節症の治療と偽り20代の女性患者の口にいかがわしい行為をした疑いが持たれています。

 近藤容疑者は「ムラムラしたのでやった」と容疑を認めています。

 その後の調べで新たに5人ほどにわいせつ行為をしていた可能性があることがわかり、警察が追及しています。

直近のニュース