北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

使わなくなった楽器を寄付して「ふるさと納税」全国2番目 生徒から感謝の演奏 北海道

2019年6月18日20:00
 北海道東神楽町で使わなくなった楽器を寄付してもらいふるさと納税として扱う全国2番目の取り組みが始まり、18日、楽器が贈呈されました。

 「楽器寄付ふるさと納税」は、寄付をした楽器の査定額がふるさと納税として税額控除される仕組みで、東神楽町は三重県いなべ市に続き全国で2例目となります。

 2019年4月から楽器7種類の寄付を募り、江別市や兵庫県、長崎県からトランペットとクラリネット、フルートが届きました。

 約60人が在籍する東神楽中の吹奏楽部はこれまで何度も受賞歴がありますが楽器不足が悩みでした。使い込んで音が出にくくなる楽器が出る中で使える楽器を増やし演奏力にも磨きをかけたいと寄付を募ってきました。18日はお礼の2曲を演奏しました。

 東神楽中学校の吹奏楽部員:「もらったことに感謝して大切に使っていきたい」

 査定額に応じて寄付した人は税額が控除され、生徒も笑顔があふれました。

 東神楽町では今後も専用のホームページで寄付を募ることにしています。

直近のニュース