北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 6/11(火)】1週間ぶりの夏日か? 気温きのうより高くなりそう

2019年6月11日12:50
 (佐藤俊和気象予報士が解説 午前11時50分現在)

 この時間の札幌は気温が20℃を超え、きょうも暖かさが続いていますね。実は全道で見てもこのところ気温があまり変化していないんです。

 ◆先週以降の最高気温の推移
 道内の最高気温を振り返ると、5日以降は最も高いところでも夏日の一歩手前で、日かげであれば快適という陽気が続いていました。

 一方で、最も低い沿岸部では10℃をわずかに超える程度で、この時期にしてはちょっとヒンヤリとしていました。

 きょうはというと、少し変化が現れそうです。最も低くても15℃前後でちょっと底上げ、高いところでは25℃以上で道内1週間ぶりの夏日となりそうです。

 ◆この後の天気
 上空の薄雲がかかる程度で晴れる所が多いでしょう。ただ、上川地方の山沿いでは、きょうもにわか雨がありそうです。外干しした洗濯物は早めに取り込みましょう。

 ◆予想気温
 きのうより高いところが多い見込みです。
根室は17℃で7月中旬並み、稚内も18℃まで上がりそうです。札幌は22℃で平年並みの予想です。

 ◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。札幌はこの先、雲が多いながらも日差しのある日が続きそうです。最高気温は20℃くらいで過ごしやすいでしょう。網走や北見はあさって以降、くもりやすい見込みです。

 太平洋側です。こちらはくもりの日が多いでしょう。道東ではあすからあさってにかけて波が高くなる見込みです。週末の天気はまだ予報が安定していないため、雨予報に変わる可能性もあります。今後の最新の情報を確認するようにしてください。

直近のニュース