北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

21歳母親宅で保護された猫 ケロイド状の傷痕…タバコ押し付けられた? 札幌2歳女児衰弱死

2019年6月24日16:23
 札幌市で虐待された2歳の女の子が衰弱死した事件。逮捕された母親が飼っていた猫にやけどの疑いがある傷があったことが分かりました。

 獣医師はタバコを押し付けられた可能性があるとしています。

 猫の耳のそばにある丸い傷痕。ケロイド状になっています。

 この事件は衰弱死した2歳の池田詩梨ちゃんに虐待しけがを負わせたとして、母親の池田莉菜容疑者(21)と交際相手の藤原一弥容疑者(24)が逮捕されたものです。

 その後の取材で、池田容疑者の自宅から保護された猫13匹のうち、1匹の猫の耳の近くにケロイド状の傷があったことが分かりました。

 傷の大きさは直径1センチから1.5センチほどで、ここ1か月以内にできたとみられています。

 獣医師は、タバコを押し付けられた疑いがあると診断したということです。

 一方、死亡した詩梨ちゃんの体にもタバコを押し付けられたような痕が残っていて、警察が関連を調べています。

直近のニュース