北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 6/26(水)】約1か月ぶり真夏日 熱中症対策・紫外線対策も忘れずに

2019年6月26日12:25
 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 きょうは気温が上がっていて、道内は約1か月ぶりに真夏日となっています。ただ、きょうの暑さは先月の猛暑と比べると、ちょっと質が違うようです。

 先月の26日、帯広では38.8℃と過去最高の気温を記録しましたが、きょうの予想は30℃と、真夏日ですが極端な気温ではありません。

 ただ、最小湿度を比べてみると先月は10%でカラカラ、ところがきょうは45%の予想で、湿気が多いんですね。屋外で活動すると大量の汗をかきそうです。日かげで休憩して、こまめに水分をとるなど熱中症対策を心がけてください。

◆26日午後の天気と予想気温
 帯広・北見のほか、十勝やオホーツク海側の内陸では30℃を超えそうです。また、きょうは沿岸部でも気温が上がり、根室はきのうより6℃、網走は10℃高くなる予想です。

 この後の天気です。晴れる所が多く、強い紫外線が降り注ぐでしょう。お出かけの際は紫外線対策をした方がよさそうです。稚内は低い雲がかかり、函館など、道南も雲が多い見込みです。

◆週間予報
 あす、稚内は午前中、網走は午後を中心に雨が降る見込みです。金曜日は各地で雲が広がり気温が下がります。網走は12℃、北見も14℃までしか上がらない予想です。

 太平洋側です。こちらはあすも日差しがありますが、函館では夜から雨が降りそうです。金曜日は各地とも雨で、その後はぐずつく見込みです。今週末もお出かけにはあいにくの空模様となってしまいそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン