北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

「偽物と知らなかった」ナイキ"偽"スニーカー リサイクル店に販売 20代男2人逮捕 北海道

2019年7月2日19:22
 ナイキの偽のスニーカーをリサイクル店に売るなどしたとして北海道南部に住む20代の男2人が逮捕されました。

 商標法違反の疑いで逮捕されたのは道南の厚沢部町に住む団体職員・伊勢谷怜士容疑者(26)と、函館市の会社員・柴崎淳也容疑者(28)です。

 伊勢谷容疑者は4月19日、札幌市手稲区などのリサイクル店5店舗にナイキの偽スニーカー計10足を約44万円で売った疑いが持たれていて、柴崎容疑者は4月23日、札幌市手稲区のリサイクル店に偽スニーカー14足を販売目的で所持していた疑いが持たれています。

 4日後に同じ店に同じスニーカーが持ち込まれたことを不審に思った店員が警察に通報し事件が発覚しました。

 調べに対し2人は「偽物と知らなかった」と容疑を一部否認しています。

直近のニュース