北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

「活動できないのは重い」松浦忠前札幌市議 "除名取り消し"求め提訴へ 議長席に8時間居座り

2019年7月5日19:40
 札幌市議会を長時間空転させたとして、除名処分を受けた市議が5日、処分取り消しを求めて訴訟を起こすことを明らかにしました。

 札幌市と市議会を相手取って訴えを起こすのは、松浦忠前市議です。

 松浦さんは5月、新しい議長を選ぶ手続きの中で、約8時間にわたって議長席に居座り、議会を空転させた責任を問われて除名されました。

 しかし、処分が重すぎるとして、近く除名処分の取り消しを求め、札幌地裁に訴します。

 松浦忠氏:「身分をはく奪されて議員の活動ができないのは重いなと、その一言に尽きます」

 一方、松浦さんの失職に伴い、4月の市議選で白石区から出馬したものの次点だった自民党の前市議・阿部英明さんに5日、当選証書が手渡されました。

 しかし除名処分の取り消しが認められた場合、松浦さんは復職し、阿部さんの当選は取り消されることになります。

 阿部英明氏:「ひとたびこういう流れになったので、これも自分の運命と思って、与えられた職務を全うしたい」

直近のニュース