北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 7/9(火)】札幌3日ぶりの夏日 旭川は真夏日予想 暑い地域と涼しい地域くっきりと

2019年7月9日12:10
 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 きょうの道内は暑い地域と涼しい地域がくっきりと分かれそうです。道内には北西から大陸で暖められた上空の暖気が流れ込んでいて、きのう、上川地方では真夏日となったところもありました。

 ところがオホーツク海では冷たい空気が勢力を広げていて、太平洋側にまで冷たい空気が流れ込む予想なんです。そのため、この冷たい風が入る地域は涼しく、影響を受けない地域では夏の暑さとなりそうです。

◆9日午後の天気と予想気温
 予想気温です。日本海側や内陸は気温が高く、札幌は3日ぶりの夏日、旭川は30℃の真夏日となる予想です。一方、オホーツク海側や太平洋側の沿岸は20℃以下で風が涼しく感じられそうです。

 この後の天気です。きょうも晴れるところが多いでしょう。お出かけの際は紫外線対策を心がけてください。この時間、霧や低い雲が出ているオホーツク海側の沿岸も午後は日差しがありそうです。

◆週間予報
 あす、札幌や旭川は晴れが続きますが、オホーツク海側はくもって気温が低くなりそうです。網走の最高気温は13℃で5月上旬並みの予想です。その後は日本海側も雲が増え、土曜日は雨の降るところもありそうです。

 太平洋側です。こちらも天気は下り坂で、だんだんと日差しが少なくなる見込みです。土曜日は南西部を中心に雨が降り、最高気温は15℃くらいのところが多いでしょう。今週末の3連休はスッキリしない空模様となりそうです。

直近のニュース