北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

開園のめどたたず 滝野すずらん丘陵公園で新たなクマの痕跡 監視カメラ32台に増加 札幌市

2019年7月10日16:15
 クマの出没で臨時閉園している札幌市南区の滝野すずらん丘陵公園で、新たにクマの痕跡が見つかっていたことがわかりました。

 一帯がなぎ倒されたように見えるフキ。

 さらに大きな力で壊された木の切り株。新たに確認されたクマの痕跡です。

 7月5日、園内の監視カメラに親子と見られるクマ2頭が映っていたことを受け、臨時閉園が続いている札幌市南区の滝野すずらん丘陵公園。

 8日の巡視でクマとみられる痕跡が見つかり確認を進めていました。

 8日周辺では、ヒグマのものと思われる毛一本も見つかっていて、道開発局では、園内の監視カメラを19台増やし32台にしたほか、パトロールを強化して警戒にあたっています。

 今後の対応は専門家を交えた対策会議で決めるとしていて、いまのところ、開園のめどはたっていません。

直近のニュース