北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

緊急点検で62本の腐食を確認 札幌市の街路灯 台風などに備え来週までに撤去へ

2019年7月10日17:17
 札幌市北区で街路灯が倒れたことを受けて市が行っていた緊急点検で、これまでに62本で腐食が確認されました。

 市は来週までに撤去を完了させたいとしています。

 この問題は1日、札幌市北区屯田で中央分離帯にある高さ12メートルの街路灯が折れているのが見つかったものです。

 根元が腐食し、強風で倒れたとみられています。

 市は同じ型の街路灯や、5年以内に交換する予定だったものなど、約1900本を対象に緊急点検をはじめ、中央区を除く9区で街路灯の点検が終わりました。

 その結果、62本で腐食が確認されました。

 市は台風などに備えるため撤去を始め、来週いっぱいで終えることにしています。

 また、街路灯の代わりとして近くの電柱にライトを取り付けるなどの作業も進めるとしています。

直近のニュース