北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

女性の顔を殴り体を蹴る 札幌市中央区で強盗致傷事件 男はスマホ奪い いまも逃走中

2019年7月11日17:16
 11日朝早く、札幌市中央区の路上で帰宅途中の女性が男に顔などを殴られ、スマートフォンを奪われました。

 男はいまも逃走中で、警察は強盗致傷事件として捜査しています。

 田中うた乃記者:「明け方の人通りがほとんどないところを女性が歩いていたところ、男は後ろから近づいてきました。男は女性のスマートフォンを奪い、こちらの仲通りを走って逃げていったということです」

 事件があったのは、札幌市中央区南7条西6丁目の路上です。

 午前4時50分ごろ、帰宅するため一人で歩いていた25歳の女性が肩にかけていたバッグを、後ろからきた男にひったくられそうになりました。

 女性が抵抗すると、男は女性の顔を殴り体を蹴るなどしたうえ、路上に散らばった女性の荷物からスマートフォンを奪い、南の方向に逃げました。

 女性は顔などを打撲する軽傷です。

 周辺の住民:「(人通りは)あまりない。気を付けないと、ひったくられることあるからね」 「びっくりした。こんな近くで。昼間は何もないけど、夜はたまに酔っ払った人の声が聞こえる。広い道を通ろうかな」

 警察によりますと、男は、40歳くらいで身長は175センチから180センチのやせ型、短い黒の髪で、白っぽいパーカに黒系のズボン姿でした。

 警察は強盗致傷事件として、逃げた男の行方を追っています。

直近のニュース