北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

再び宇宙へ 燃料に“日本酒”を使用 前回の打ち上げから2か月…新たな挑戦に期待 北海道大樹町

2019年7月12日18:44
 前回の打ち上げから2か月余り、再度宇宙への挑戦です。

 2019年5月、民間単独で初めてロケットの打ち上げに成功した十勝の大樹町のベンチャー企業が、13日再びロケットを打ち上げる予定です。

 大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は5月の打ち上げ成功に続き、13日「MOMO4号機」を打ち上げる予定です。

 今回は、宇宙空間で機体から折り紙の飛行機3機を放出し、地球へ帰還させる世界初のチャレンジのほか、液体燃料の一部にスポンサー企業が提供した、日本酒「紀土」を使う新たな挑戦も行います。

 平和酒造 山本典正社長:「ある種のロマンに加われるというのはすごく嬉しいことですし、酒造りもロマンの一つだと思っているので、そのロマンとロマンが融合することはめちゃめちゃ面白いと感じてます」

 平和酒造・山本典正社長:「この酒、紀土(きっど)という名前ですけど,、きっどとばすぞ~」

 打ち上げは13日午後4時20分からを予定しています。

直近のニュース