北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 8/7(水)】気温下がるも ややムシムシ "もと台風"接近中で下り坂に

2019年8月7日12:10
 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 今月の道内は沿岸部を除いて、晴れと暑さが続いていましたが、この天気もそろそろモードチェンジとなりそうです。朝鮮半島を進んでいた台風8号は先ほど熱帯低気圧に変わりましたが、油断は禁物です。

 あす夜になると前線を伴った温帯低気圧になって北海道に近づきます。温帯低気圧は暖気と冷気の温度差がエネルギー源になります。

 冷気のおかげで暑さは緩みますが、雨についてはこれからパワーアップしそうなんです。天気は下り坂、金曜日は大雨に注意してください。

◆7日午後の天気と予想最高気温
 稚内は降ったりやんだりでしょう。またオホーツク海側と道東の山沿いでは急な雷雨がある見込みです。天気の急変にご注意ください。その他は晴れで札幌は雲が多いながらも日差しがありそうです。

 気温です。きのうより低いものの、30℃前後まで上がるところが多いでしょう。日中はややムシムシとしそうです。札幌は30℃で10日連続真夏日となる予想です。

◆週間予報
 あす、オホーツク海側の雨は午前中が中心です。札幌は夕方ごろに降り出し、金曜日は各地で雨脚が強まるでしょう。土砂降りとなる時間もあり、大雨に注意が必要です。気温は週末にかけてぐっと下がり、土曜日は旭川や北見でも20℃に届かない見込みです。日中でも長袖が欲しくなりそうです。

 太平洋側です。こちらも金曜日は雨量が多くなるおそれがあります。雨とともに暑さが収まり、金曜日の帯広は最高気温が19℃の予想です。土曜からの3連休は雲の多い空模様となりそうです。

直近のニュース