北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

「関係者と間違えた」レンタカーが滑走路付近まで 誤って工事用ゲートから侵入 新千歳空港

2019年8月7日17:13
 7月30日夜、新千歳空港で観光客の運転するレンタカーが、一般の立ち入りを制限している滑走路付近に侵入していたことがわかりました。

 航空機の運航に影響はありませんでした。

 新崎真倫記者:「レンタカーは工事車両に続く形で一緒にゲートを通過。その際、入り口の警備員による通行許可証の確認はなかったといいます」

 7月30日午後11時ごろ、山梨県の50代の女性が運転するレンタカーが新千歳空港の滑走路付近に侵入しました。

 国土交通省新千歳空港事務所によりますと、空港では午後11時から午前6時30分まで滑走路などの補修工事が行われていて、レンタカーは工事関係者の出入り口から誤って侵入したということです。

 ゲートで通行証を確認していた工事会社の警備員は、工事車両についてきたので関係者と間違えた旨の話をしているということです。

 当時、航空機は自衛隊の滑走路を使用していたため、運航に影響はありませんでした。

 国土交通省新千歳空港事務所は「再発防止策について周知を徹底する」とコメントしています。

直近のニュース