北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

北海道 あすにかけ激しい雷雨 1時間で最大50ミリ降る所も 土砂災害など警戒を

2019年8月8日17:38
 道内は、9日にかけて広範囲で断続的に雷を伴った激しい雨となる予想で、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

 8日の道内は、台風8号から変わった低気圧の影響で、広い範囲で雨が降っています。

 9日にかけて断続的に雷を伴った雨が降り、9日朝から昼過ぎごろがピークとなる見込みです。

 1時間に最大50ミリと、短い時間で非常に激しい雨の降る恐れもあります。

 9日夕方までの24時間で予想される雨の量は、日本海側で180ミリオホーツク海側で150ミリ、大平洋側で130ミリとなっています。

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒をしてください。

 また、大気の状態が非常に不安定になる見込みで竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうなどにも注意が必要です。

直近のニュース