北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

持ち運び簡単 最新装置を使って速度取り締まり 全道に導入検討も 北海道留萌市

2019年8月8日19:17
 2019年から運用が始まった持ち運びができる最新の装置を使った、速度取り締まりが8日北海道留萌市内で行われました。

 この装置は、2019年4月から道警で運用が始まっているもので、札幌方面以外での使用は8日がはじめてです。

 違反を検知すると、車体やドライバーの顔がカラーで保存され、さらに重さ11キロと簡単に持ち運べることから、様々な環境で取り締まりができると期待されています。

道警 旭川方面本部 交通課・新妻雄治次席:「この装置を置くスペースがあれば、通学路でも生活道路でも速度の取り締まりが可能になる」

 現在は、札幌方面での取り締まりを中心に使用されていますが、道警は、将来的に全道に導入し運用していきたいとしています。

直近のニュース