北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

【北海道の天気 8/9(金)】東部で激しい雨 土砂災害に警戒を 10月並み涼しさの所も

2019年8月9日12:20
 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 台風8号から変わった低気圧の影響で、昨夜から大雨となっています。ご覧の旭川市の石狩川も水の量がかなり多くなっています。

◆この24時間に降った雨の量
 空知や上川、オホーツク海側で100ミリを超えていて、多いところは約150ミリとなっています。平年の8月の1か月分に相当する量が1日で降りました。

◆現在、出ている警報
 空知、上川、オホーツク海側などで洪水警報、また、むかわ町、弟子屈町、標津町で大雨警報も出ています。川の氾濫や土砂災害などに警戒してください。

◆雨雲
 この時間、雨の中心は東部に移ってきています。このあと、網走や釧路、根室方面では夜にかけて雨が続く予想です。予想雨量は70ミリから80ミリです。また、雨が止んだところでも、時間差で川が増水することがあります。川や崖など、危険なところには近づかないようにしてください。

◆9日午後の天気と予想気温
 東部の地域は今夜まで激しい雨の降るおそれがあります。一方、西部の地域はぱらつく程度ですが、夜遅くなると再び雨が降る見込みです。

 気温です。きのうより5℃くらい低いところが多いでしょう。道央は22℃前後、道東やオホーツク海側は17℃くらいで10月並みの涼しさとなりそうです。中標津は14℃の予想です。

◆週間予報
 あすも雲が多く、午前中は雨が降りやすいでしょう。日差しが戻るのは日曜日になりそうです。月曜日は早くも雲が広がり、稚内は雨が降る見込みです。日中の気温はあすまで20℃前後となりますが、その後はほぼ平年並みに戻る予想です。

 太平洋側です。あすも函館は降ったりやんだりで、室蘭も強い雨ではありませんが雨が続きそうです。日曜日はいったん天気が回復しますが、その後は雲の多い空模様が続く見込みです。

直近のニュース