北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

砂川北や鵡川の監督として甲子園に計6回 佐藤茂富さん死去

2019年8月24日12:15
 砂川北や鵡川高校の監督として計6回甲子園大会に導いた佐藤茂富さんが、19日に腸管感染症のため、亡くなっていたことがわかりました。

 三笠市出身の佐藤茂富さんは、19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で亡くなりました。79歳でした。 

 佐藤さんは1984年、砂川北高校の野球部監督として春の選抜大会で甲子園初出場。その後1997年に鵡川高校に赴任し、2002年春には、21世紀枠で甲子園初出場を果たすなど計6回、甲子園で采配を振り、高校野球ファンからも注目される存在でした。

 葬儀はすでに近親者のみで行われていて、お別れの会が札幌白石区で11月2日に行われることになっています。

直近のニュース