北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

基準の3倍近くのアルコール…マラソンコース周辺で酒気帯び運転 34歳男逮捕 札幌市

2019年8月25日17:45
 大会中のマラソンコース周辺で軽乗用車を酒気帯び運転したとして、北海道札幌市の会社員の34歳の男が逮捕されました。

 酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは札幌市手稲区に住む会社員の34歳の男です。

 男は2019年8月25日午前9時40分ごろ、札幌市中央区北5条西5丁目の市道で、軽乗用車を酒気帯びの状態で運転しました。

 当時現場周辺では北海道マラソンが行われていて、警備に出ていた警察官がバンパーが壊れたままの状態で走り続けている車を見つけ停止させたことで発覚しました。

 男の呼気からは基準の3倍近くのアルコールが検出され、男は「ビール2杯と焼酎15杯を飲んだ」と話しているということです。

 現場はJR札幌駅のすぐ近くで、男はどこかで事故を起こした後帰宅するため運転を続けていたとみられ、警察が詳しい経緯を調べています。

直近のニュース