北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

伊達で2校統合 札幌藻岩は単位制を導入へ 2020年度からの公立高校配置計画 北海道

2019年9月3日12:03
 北海道教育委員会は3日、2020年度から3年間の公立高校の配置計画を決定し、伊達市で2校を統合するほか単位制を導入するなどの方針を固めました。

 3日の道教委の会議で、2020年度から全日制で14学級増やす一方で、再編などの計画が決まりました。

 入学者数が減少している胆振の伊達高校と伊達緑丘高校は2021年度に統合し、校舎は伊達高校を改修して新設することになりました。

 また、2021年度から札幌藻岩高校が、生徒の興味や関心に応じた学習ができる普通科単位制を導入することも新たに決まりました。

 道内の中学校の2020年の卒業者数は4万2571人と見込まれていて、その後も減少が続く見通しです。

直近のニュース