北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送

埋めた牛を食べに戻ってくる恐れも ヒグマに襲われた?土に埋められた肉牛見つかる 北海道平取町

2019年9月4日19:30
 繰り返し現れる可能性も…不安が広がっています。

 北海道平取町の町営牧場で肉牛1頭が土に埋められ、死んでいるのが見つかりました。近くでクマの足跡が見つかり町などで警戒しています。

 牛が死んでいたのは、平取町芽生の町営牧場で3日正午ごろ、平取町畜産公社の職員が土に埋められた状態で死んでいる牛を見つけました。

 役場によりますと、死んでいたのは体重約500キロのメスの肉牛です。

 近くで大型のクマの足跡がみつかっていて、クマが牛を襲い、隠したとみられます。

 平取町町営牧場 加藤正博場長:「頭数が1頭足りないと捜索したらそういう(埋められた)状況だった。対策は考えなければならない」

 クマが埋めた牛を食べに、戻ってくる恐れがあるため、町では周辺に箱わなを設置するとともに、飼育していた30頭の牛を他の牧場に移動させ、猟友会に周辺の警戒を依頼しました。

 道東の標茶町でも8月から、少なくとも20頭の乳牛がクマに襲われて死んだほか、羅臼町では飼い犬2頭が被害に遭っています。

 クマは現場に居つく可能性もあるため、道や警察などでも警戒を呼びかけています。

直近のニュース